なぜ子どもはママの気を引こうとするのか。

ママちゃん育児法

「まほう」の合言葉②「ほ」
の中でも
『月齢の小さい子どもは
 ママの意識を自分に傾けさせることができているか
 ママに自分という存在をちゃんと見てもらえているか
 
 それが
生きる目的と言っても過言じゃない生き物』
という話をしましたが

 

なんで
子どもにとって
ママの意識を自分に向けることって
そんなに大切なことなんでしょうね☺︎


私たち人間は
守られた環境の中で生活しているので
外敵に襲われたり
飢えて死んでしまう。。。
なんてことは
日常生活でそうそう起こることではないと思います。
(もちろん悲しいけれど例外はありますが。。。)

 

でも
もしこれが自然界の生き物だったら。。。?

子どもは
ママに守ってもらわなければ
外敵に襲われて死んでしまうかもしれません。

ママに餌を運んでもらわなければ
飢えて死んでしまうかもしれません。

他の兄弟よりも
たくさん餌をもらわなければ。
置いてけぼりにされないようにしなければ。
ママに自分の存在を愛してもらわなければ。



ママに自分の存在を認めてもらうこと
ママの意識を自分に向けること
それは、
子どもの生き残る為の手段であり
生きるための本能なんです。
 
 
だから

 

ママに自分を見ていて欲しい

 

と願うことは

 

とても自然
子どもが持つ当たり前の欲求だと
ママちゃんは思っています(*^^*)

子どもにとって
ママの意識が自分に向いてるかどうかは
生きるか死ぬかの死活問題。

 

子どもにとっての最重要事項なんだと思います☺︎

だから
ママの気持ちを自分に向けるために

 

子どもは
今日も全身使って
一生懸命

ママ、私はここにいるよ
 
ママ、私を愛してね
と  伝えてるんだと思います(*^^*)

 




LICO

作家。ブロガー。
子育てアドバイザー。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもない
なんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
ママちゃん育児法 子どもの困った行動に関するお悩み お悩み別Q&A
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました