子どもの「ママきらい」に込められた意味【いやいや期】

いやいや期にまつわるお悩み

こちらは私が3年前に書いた記事。
 



自分で読み返してみて
昔の自分を思い出して懐かしく、
あの時はあの時で   一生懸命だった自分が微笑ましい(*^^*)
 

あれから3年経って
3人の子どもたちのお母さんになって7年。
 
この7年間試行錯誤したり
自分の想いや考えを深めたりしてきて
 
変われたことがある。
 
 
今では3人目のトウくんに「キライ」と言われてもまーーーったく悲しくならないし
 
あ、そーでっかぁ♪  と、笑って抱きしめられるようなりました。
 
 
そして、改めてこのことをみなさんに伝えたい。
 
子どもの「ママキライ」には2つの意味があります。





1つは『ママ(のやること・言うことが)キライ。』

自分でやりたいのに先回りして手を出してきたり、
じっくり何かに集中していたのに無理矢理取り上げたり
ご飯の前にお菓子食べたらダメ!っていうママの言うこと・やることがキライ(笑)
 
の、「キライ」(*^^*)
 


子どもの言う「きらい」って
 
「ママが言う『そんなこと』」
「ママがする『そんなこと』」
 が  きらいなわけであって
 
ママそのものをきらいなわけでは
決してないんですよ(*^^*)



LICO

LICO

対応としておすすめなのは

子どもに決定権を持たせたり

子どものやりたがりそうなことを先回りせずに

待つことを心がけてみてください♡



それでもイヤイヤ期の時は合言葉みたいに

「ママ、ちあーい!!泣」って言われちゃうかもだけど。笑




そして2つめは

大好きママに自分を分かって欲しくて叫ぶ

大好きだから故の「キライ」。

もうね、本当に、この2つしかない。
 
子どもの中に
「ママが嫌い」の「キライ」なんて、存在しないのです。
 
だから
子どもがどんなに泣き叫んで「キライ」と言っていても
こちらが傷付く必要なんて全くなくて(*^^*)
 
 
子どもは「キライ」という言葉を使って
 
「愛して」「ぼくを分かって」と叫んでいるんです。
 
 
−分かってよ。
 
−気付いてよ。
 
−ぼくにはこんなに伝えたいことがあるんだから。
 
−キライって頑張って言うぼくを  
大丈夫だよ。大好きだよ。って抱きしめて。
 
 
 
 
 
{9A51C58F-71F0-43FB-B582-AAFA1056A093}

子どもが「キライ」って泣き叫んでいても

そんなの絶対、絶対、ぜったい本心じゃないから。
 
だから、いくら言われても落ち込んだり、傷付いたりしなくて大丈夫。
 
 
こちらを、試しているだけです。
 
その言葉に  ママが振り向くのを知っているから。
 
その言葉を  ママが無視できないのを知っているから。
 
 
安心したくて言っているだけだから  応えてあげて下さい。
 
 
その気持ちに応えて安心させてあげたら  
 
子どもはあなたの胸の中ですんなり落ち着きます。
 
 
子どもの求めているものが分かっていて
その時の子どもの欲しいものが分かっていれば
 
オロオロすることなくどーんと構えて待っていられます。
 
 


キライの中に  嫌いはない。
それをどうか忘れないで信じてほしい。
 
 
キライと言い続ける子どもを抱きしめ続けた後に
 
その答えが きっと分かるから。
 
 
{0F7A3643-AA14-4163-83F1-20297DADFEC7}





。。。。。。。。。。。。。。
LINE公式アカウント始めました!】

4人目タロさん1歳になりました♡!

タロさん(4人目/三男)
タロさん(4人目/三男)

口癖は「ハシュッ♡」

だいぶ生活ペースも落ち着いてきたのでこれからは画面越しだけでなくみなさんに直接お話する場をたくさん作る予定で今も絶賛準備中です(*^^*)
これまで準備をしてきたものを少しずつリリースしていきます♪

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨
ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
子育てアドバイザー。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもない
なんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
いやいや期にまつわるお悩み ママちゃんのひとりごと
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました