「出たくない」と言っていたゆうちゃんの、初めてのピアノの発表会!!

こんな我が家

先週、ゆうちゃんのピアノの発表会でした!


ピアノを習い始めてもうすぐ1年。。。

初めての発表会!



実は、習い始めてから4ヶ月後くらいに教室内でやる小さなコンサートに出ないかと声をかけていただいたのだけれど


私がどうする?と聞いた時のゆうちゃんの返事は


「。。。出たくない。」


でした。笑




このブログの読者歴が長い方には


「あぁ〜〜ゆうちゃんらしい反応。笑笑」


と思ってもらえるかと思いますが!!笑



まぁーーーー昔から初めてのことには腰が重くて
自分にとって安全であると認識した場所でしか自分を解放できず、


大好きなのは家。

大好きなのは幼稚園の休みの土日。

大好きなのは家族で過ごすこと。


そんな幼稚園児だったゆうちゃん。


赤ちゃんの頃から人見知り・場所見知り・こだわりも強く、  とにかく1にママ。2にママ。3.4もママで、5にママ。みたいな子で。



でも、そんなゆうちゃんも幼稚園、小学校の生活を経てどんどんアクティブになっていき、

去年の夏はお友だちと親抜きのお泊りキャンプに自ら行きたいと言い、申し込んだり

小学校から帰ってくると「お友だちと遊んでくるー♪」とランドセルを放り投げて遊びに出かけたりと  ゆうちゃんの成長を感じていたのですが


『発表会』となるとまだまだハードルが高かったようで。。。(^^;





コンサートに出たくないというゆうちゃんに理由を尋ねると


「だって、他の人がいるんでしょ?

ママだけが聞いてるのはいいけど。。。」


という、人見知り?が発動している上、


よくよく聞いてみると、幼稚園の音楽発表会や小学校の学習発表会はお友だちとみんなで発表するから出来たけど、自分1人での発表はいやだ。。。とのこと。



家ではミュージカル女優並みに歌って踊って笑い転げている一方で
人からの注目を一身に浴びるのが昔から苦手なゆうちゃん。


そんなゆうちゃんの性格を考えたら
1人だけで大勢の前に出て何かを披露するなんて、確かにまずやりたがらないことだ。。。(^^;


ゆうちゃん本人的にも、経験したことのないことだから不安が強かったようで


「大丈夫。小さなお部屋でやるコンサートだから、きっと人もほとんどいないよ〜^_^」

など、時期をずらして何度か声をかけてみたものの、結局ゆうちゃんが首を縦に振ることはありませんでした。



ちなみにピアノの先生は

「ゆうちゃんは私の話もしっかり聞いて周りをよく観察してるし、色んなことをよく理解してるから何も心配してません。

無理矢理参加させてピアノを嫌いになっちゃったらいやだし、もう少し練習を重ねて自信が付いてからまた次の発表会には出られるようにやっていきましょう♪」

と言って下さり、ゆうちゃんのペースを大切に考えてくれた先生の存在がとても有難かったです…( ;∀;)



その時から先生と、

「6月の発表会には頑張って出てみよう!」と目標を立てて練習をしてきたゆうちゃん。



そして、この春

「先生が『6月の発表会、ゆうちゃん頑張って出てみようか!』って。」

と、発表会の申込書をもらって帰ってきて。



「ゆうちゃんどうする?やってみる(*^^*)?」と聞くと

「うーん。。。やってみる。
6月のには出ようって先生ともずっとお約束してきたし。」

と、ゆうちゃん。



多少まだ不安そうな様子ではあるものの、先生と何ヶ月も前から目標を立ててきたこと、ピアノも両手で弾けるようになったことでゆうちゃんの中で少し自信も出てきたのか

「やってみる。」と気持ちが固まったようで(*^^*)



すんなり1人で人前で発表することをなんなくこなせる子もたくさんいると思うけれど、こういう所がマイペースなのは本当にゆうちゃんらしい。

そんなゆうちゃんの性格を分かっているからこそ、私としては

『1人で人前に出て、発表することを決意する』

それだけでクラッカー鳴らしたいくらい喜ばしい進歩に感じられました(*^^*)




そしてそして、迎えた発表会当日。


いつになく朝から何度も念入りに練習をして最後の最後まで自分の曲を見直していたゆうちゃん。


会場に着いてからも、緊張しているのかずっとソワソワ(*^^*)




同じピアノ教室に通うお友だちママから、女の子はみんなドレス着たりおめかししてくるよ〜♡と聞いていたので
当日、ゆうちゃんも水色のドレス?を着ようかと話していたけれど(以前結婚式で着たドレス)

当日の朝、ゆうちゃんが
「ねぇ、ママ、ドレスじゃなくて、いつもの服でもいい?」と急に言いだしました。


それを聞いて、

あぁ。。。緊張してるんだなぁ。(´ー`)

と思った私は

「いいよ。ゆうちゃんの落ち着く服を着て行って大丈夫だよ(*^^*)」

と伝えると


「いつもの服の方がいつもみたいだから。。。」

と、ちょっとホッとしたような顔をしたゆうちゃん。



周りの子が何を着ていようが、着る服なんて何でもよくて(規定もないし)

本人の居心地の良さが1番。
楽しく落ち着いて1日を過ごせるならそれでいいじゃん♡

むしろ発表会なのに普段着とか、それはそれでゆうちゃんらしくていい♪


くらいに感じていた私。



でも会場に行って他の子がみんなオシャレしているのを見て土壇場でやっぱりドレス着たい!と言うかもしれない…と思ったので、念のためドレスも持って会場入り。


結局、集合時間前に再度服の確認をするも

ゆうちゃんは「この服のままがいい。」ということだったのでそのまま普段着で会場入りしました(*^^*)


発表会、普段着の子、他にもいた!
男の子とかTシャツ半ズボンの子もいて♡
しかも、その子めっちゃ上手で優秀賞もらってました(*゚∀゚*)




受付待ちをしている間

パパに「手に『人』って言う字を書いて飲み込むと緊張しなくなるぞ」と教わって、ずっと食べてた。笑笑




おーちゃんは自作のカメラを準備して

「◯◯(ゆうちゃんの本名)!!
おれが◯◯の初めての発表会、撮ってやるからな!!」

と意気込んでいて可愛かった(*^^*)



↓撮影した顔がここに出てくる、という凝った作り!!
おーちゃん、いいね!!




出番を待つ間、

親の方まで緊張ーーーーーー!!!!!笑笑


でも、登壇したゆうちゃんは課題曲と自由曲の2曲を落ち着いて弾き、無事に発表会終わりましたーーー♡



終わったゆうちゃんに感想を聞くと

「緊張したよ〜ε-(´∀`; )」

と言いつつ、緊張からも解放され、本人的にも満足した演奏が出来たようで満面の笑み(*^^*)




私が携帯で撮影した発表会の様子を

帰ってから何度も何度も嬉しそうに見直していました(*^^*)




出来ないと言っていたことが出来るようになったこと。

1年間頑張ってきた成果を出せたこと。

緊張を乗り越えたこと。


よほど満足感が高かったのか、発表会が終わってからこの1週間、これまでにないほど毎日率先してピアノの練習をしているゆうちゃん。


そして、ピアノの音に自信が満ちてる(*^^*)

自分なりにアレンジなんかしちゃったりして(*^^*)



またひとつ自分のペースで、またひとつ壁を乗り越えて

またひとつ自信が付いたのかなと思うと何だかこちらまで嬉しい(*^^*)



ゆうちゃん、本当によく頑張りました♡








LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもないなんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
こんな我が家
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました