手をあげないゆうちゃん①

こんな我が家


現在、小学2年生のゆうちゃん。



小学生になって早もう2年が終わろうとしています。早い〜〜!!


この2年間
ゆうちゃんにも色んなことがありました。



学校に行きたくない、と朝泣きだしたことも何回かあったし
(理由もその時によって様々。
大人からしたらたわいも無いことで悩んでいるように見えるけれど本人は必死だったり。(*^^*))


◯◯くんが〜〜してくる、と泣いて帰ってきたこともありました。



本当なら、そんな話のあれこれも、読者のみなさんの何かの役に立つかもなぁと思う内容だったりするので

もうそろそろ、そんな話も時効で話してもいいかな(*^^*)?と思ったりもするのですが、


小学生になってからの、特にお友だちが絡む話のあれこれは、兎にも角にもゆうちゃんの確認を得てからブログに書きたいと思っています。

もちろん今まで通りお友だちの名前を全て仮名にするにしても、ね☺︎


(私も今や完全に身元がバレているので(笑)
昔に比べたら、子どもたちの話も中身を考えてブログに書けるものや書けないもの、色々増えました。

でも、1番大事なのは子どもたちの気持ちということは変えずにいこうと思っています。)



とまぁ、私のブログに対するスタンスはこんな感じということで(*^^*)



んで、

今日は、そんなゆうちゃんの、ゆうちゃん自身の話(*^^*)



ママちゃんブログ
(licoさんのブログ、licoママブログなど、今や色んな愛称で呼んでもらっているこのブログ♡)
の、読者歴が長〜い人はもうご存知かと思いますが、


今でこそお友だちとも遊べるようになり、社交的に、活発に行動できるようになったゆうちゃんは


元はと言えば超!!が付く人見知りと恥ずかしがり屋で。




小学生になってからも、その片鱗はたまに顔を出すようで

1年生の時も通信簿に
「もう少し自信を持って授業に参加できるようになるといいですね」と書かれていたこともありました。


その真意は、1年生の時、担任の先生と面談した時に言われた


「学習の理解はとてもよく出来ているのに、なかなか手を挙げて発表してくれないんです。笑」


ということ。




。。。はい、ゆうちゃんが授業で頑なに手を挙げない様子、目に浮かぶ!!笑




。。。でもね、もともと、先にも述べたように、


例えば


とか


とか、
こんな感じの子なので(笑)


少しずつ、ゆうちゃんのペースで出来ることも増えていくだろうから、見守っていよう〜と思っていました。



先生も特に手を挙げることを絶対必要なこととして仰っているわけではなく

自分の意見や考えを自分なりの言葉で発表することは大切なことだし、これからの社会でも必要とされることだから

今はその練習として、自信を持って発表できるようになれたらいいね〜くらいの感じだったと思うし

私もそんな風に受け取っていました。




そして結局
1年生から2年生まで

私も各学期ごとの授業参観に全て参加してきたけれど、


ほかのお友だちたちがお父さんお母さんにいい所を見せようと張り切って「はい!はい!」と手を挙げる中で

授業中に手を挙げるゆうちゃんを見ることは、1度もありませんでした。









ゆうちゃんぶら下がりながら爆笑中。笑


パパ、がんばれー。笑









LICO

作家。ブロガー。
子育てアドバイザー。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもない
なんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
こんな我が家
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました