我が家の方針

パパのこと

出産予定日まであと1日。


はい、タロスはまだお腹でのんびりしている模様です。笑
今回の出産にあたって、私の通っている産婦人科では入院中のお見舞いに行けるのは「配偶者と子どものみ」ということになったようです。
両親や知人などはお見舞い不可とのこと。
なので、本来であればタロスが生まれた後に病院内で子どもたちにも会うことは可能なんですが
今のこの社会状況の中、私とタロスだけではなく他にもたくさんの新生児たちと免疫力の落ちたお母さんたち、妊婦さんたちばかりの産婦人科に我が家の子どもたちが何かを持ち込んでしまってはこわい。
それと同じように、うちの子たちにもどこから何が感染するかわからない。
ということで、
我が家では子どもたちには自宅にて私とタロスの退院を待っていてもらおうと思っています。
病院に行かなくたって
退院したらいくらでも会える。
退院したら、いくらでも抱っこできる。
生きていたらいくらでもできる。
「命が1番大事。」
コロナが流行してから子どもたちに何度も伝えている言葉を、ここでも子どもたちに伝えました。
タロスの誕生を今か今かと楽しみにしている子どもたち。。。
特にゆうちゃん!!
尋常じゃないくらいにタロス誕生を心待ちにしていて
朝起きた時
ご飯食べてる時
ゴロゴロしてる時
私がトイレから帰ってきた時
一緒にお風呂に入っている時などなど
1日に何度も
「(お腹)張った?
ねぇ、ママ 、  張った真顔??!」
と私のお腹の張り具合を確認してくる。。。笑笑
どこの小姑じゃ!笑い泣き笑笑
そして、まだまだ甘えん坊で私にくっつきたがるおーちゃん&トウくんは私が入院したら約1週間、私に会えなくなることをどこまで実感として理解しているのかは分からないけれど
入院するまでたくさんくっついて甘えてもらって
「命が1番」の話と
「ママはあなたが大好きで
あなたはママの大事、大事。」の話をたくさん、たくさんしたいなと思っています☺︎♡
パパと一緒に、家具(パパ作の食料庫)の塗装をするトウくん(*^^*)
 
柿渋っていう天然塗料だそうで虫を寄せ付けない効果もあるんだって!
食料庫にぴったり!
1人でもできるよ〜(*^^*)
こうしてパパと一緒に作業した記憶が大人になったトウくんの中に残るかは分からないけれど
 
 
でも
 
一緒に作った家具そのものが、決して消えない思い出の1つとしてずっと家の中にあり続けるということが  
 
 
なんだか嬉しい。
 
いいね♡

LICO

作家。ブロガー。
子育てアドバイザー。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもない
なんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
パパのこと リノベーション トウくん/3人目/次男 こんな我が家 タロさん/4人目/三男
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました