「大変」かどうかを決めるのは周りじゃない。

ママちゃんのひとりごと

{13E1C0B9-F75C-4C6F-A929-740AFC035A56}

{7C923F8E-129A-4AAD-B153-0E89E5B86EEC}




大変かどうかを決めるのは

周りじゃない。


当事者のその人自身です!




自分が一生懸命取り組んでいることを
誰かと比べられて「楽」なんて言われたら 。。。


私だったら相手の鼻毛10本まとめて抜いちゃう♡




もし旦那さんが

「あなたの仕事は楽な仕事よ。

同期の〜くんの方が忙しくて大変だもの。」


なんて奥さんに言われたら。。。



どう思うかな>_<





自分に置き換えてみたら

言われたら嬉しいこと

言われたら悲しくなること


少し冷静に俯瞰して考えられると思う。





仕事の大変さ、子育ての大変さ、介護の大変さ。。。すべてにおいて

それはその当事者にしか分からない。



「楽」なんて

相手に成り代わって
その仕事を100パーセントしてみてから言って欲しいけれど


自分は自分であって誰かに代わることなんてできない。



だからこそ  

相手への思いやりや感謝、
相手の立場や気持ちを想像する力が大切なんだと思います。




ダメなママなんかじゃない。


全っっ然ダメなママなんかじゃないよ!!!!



毎日頑張ってるよ!!

毎日本当にお疲れさまです!!



楽な子だって言われるお子さんだって

ママの前ではイヤイヤもするし
たくさん泣いたりしたら
大変だと感じることだってありますよね。




楽だと言われて

自分も心から「楽だ」と感じているなら

悲しくなんてならない。



だよねー!!
うちの子、本当 楽だよねー(≧∇≦)

なんて  盛り上がれるかもだけど



悲しくなったり
悔しくなったり
落ち込んだりしちゃうなら


あなた自身が「楽だ」と心からは思えていなくて

それをわかって欲しい人にわかってもらえていないことが悲しいんだと思います。




誰かと比べられたら嫌な気持ちになること

私は私で一生懸命頑張っていること

「楽」と言われて悲しい気持ちになったこと



旦那さんに伝えてみて下さい(*^^*)




きっと悪気はなかったのかもしれないし

もし自分だったら。。。という相手の気持ちを想像する作業に気付かなかっただけかもしれません。




気持ちは伝えないと伝わりません。


きっと
旦那さんとより深く理解し合うための素敵なキッカケをもらったんですよ(*^^*)




{CA7DCCFC-0A27-4520-B61C-426116BFB062}


「疲れた」
「痛い」
「辛い」
「悲しい」
「さみしい」
「不安」
「大変」


これらは 

感じたその人にしかその全ては分からない。



それを誰かに訴えてみたのに

「他にももっと辛い人たくさんいるよ」
「痛くないでしょ。早く泣き止みなさい」
「あなたは楽でいいわね」

と言われたら。。。


苦しくて  悲しくなる。




特に子ども時代にそれが積み重なると


自分の正直な気持ちを表現できなくなったり

相手に素直な想いを伝えられなくなったり

本音を押し殺してしまうことが癖付いてしまうかもしれません。




その人がその時に抱えた感情は

その人のもの。

その子のもの。





セクハラも
パワハラも
マタハラも
子どものいじめも
親子の確執も


自分にそのつもりがあったかどうかではなく


相手がどう感じたか。

相手がどう思ったか。




コミュニケーションの原点って

そこにあると思うのです。




それを他の人が

「そんなことない」

なんて  判断していいものではないはずなんです。




だから  どんな時も大切なのは

『そうなのね』  と共感し、寄り添う気持ち。



「疲れたのね」
「痛いのね」
「辛いのね」
「悲しいのね」
「さみしいのね」
「不安なのね」
「大変なのね」。。。



その後の話は

気持ちを受け止めてあげた後でいい。




相手が抱えた感情を認め、共感してあげることは


相手そのものを認めてあげることと同じであると

私は思います。




「私はこう思ったんだ。」

「私はこう感じたんだ。」


みんな  もっと  叫んでいいんだよ(*^^*)



自分で自分の気持ちを認めて

それを誰かに渡すべきものであるならば


その時には
相手に伝わりやすい言葉や伝え方で想いを伝えられたら

いいですよね(*^^*)


関連記事


。。。。。。。。。。。。。。。。


沖縄講演会  やります♡!

詳細は→コチラ





たくさんの申請、メッセージ
本当にありがとうございます>_<、

お気軽に申請してくださーい(*^^*)♡



。。。。。。。。。。。。。。。。。

ママちゃんの想いと言葉を詰め込んだ
メッセージブックが発売されました(*^^*)

amazonからも発売中♡

amazon


{66780E52-3AE9-4EC4-BBCF-822F5542860D}


よろしくお願いします(*^^*)♡




instagram


いつもママちゃんブログを読んでいただきありがとうございます(*^^*)

ブログのシェアはご自由にどうぞ♡
その際リンク元を明記するようお願い致します。


ママちゃんブログ人気記事
ママちゃん育児法 まとめ記事
→ こちら  


Facebookページ


Twitter


ぜひ♡帰りにポチポチお願いします♡

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

只今メッセージの返信が出来ません>_<

またいただいたメッセージはブログ内で紹介させていただく場合がございますのでその旨ご了承下さい。


子育てに正解も不正解もありません(*^^*)

それでも何かのヒントになるような存在のブログになれたら嬉しいです(*^^*)

子どものこころと向き合う子育ての輪がたくさん広がりますように。。。♡




LICOの子育てセミナーを視聴する♡👇

LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEでは

・【LICOの子育てハッピーワーク21days】の募集

・LICO講演会/子育て講座のお知らせ

などをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

問題行動を繰り返した自身の幼少期の経験を基に、研究模索し構築された育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

私の願いは、
今日の子どもたちがたくさん愛されること。

LICOをフォローする
ママちゃんのひとりごと
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました