泣いてバスに乗っていたトウくんに変化!

こんな我が家

入園してから  早くも、まる2ヶ月。



前回の→トウくん入園12日目←からだいぶ空いてしまったけど>_<、


でも、その間も色々あって。


一時期ケロっと乗っていった幼稚園バスも

ゴールデンウィーク明けくらいからかなぁ>_<


4月からの緊張がふっととけたのか

バスに乗るときには必ず

「ママ(が)いいー。泣」

「ママ(が)  すち(すき)もーん。泣」


と、朝の別れ際には泣くようになっていました。



案外すんなりバスに乗れるようになっていたので

3人目はたくましいなぁ!

なーんて思っていたんですが


「ママ、イィー!!!!!(チビショッカーくん)」は

何人目とか関係なく、個人の声だな、と。笑




それでも、幼稚園で楽しく過ごしていることは  役員本部の仕事で幼稚園に行くたびに(4〜5月たくさん集まりがあったので)こっそり見たり


お迎えに行ったり
バスからおりてきた時には

「きょうはね〜  じゃん!!これ♡!」

と、借りてきた絵本を嬉しそうに見せてくれたり


幼稚園で覚えてきた手遊び歌をにこにこ披露してくれたり


担任の先生のことが大好きなようで
お迎えに行って帰ろうとした時に先生が見当たらないと

「しぇんしぇ〜〜! しぇんしぇ〜〜!!泣」

と、先生の姿を探して泣いてしまったり。。。

先生が子どもたちに愛情かけてくださっている証拠ですね;_;  ほんと、ありがたい;_;




幼稚園。

トウくんなりに  一生懸命

とっても楽しく過ごしていることも知っているからこそ


朝の「ママとの別れ」にいつか笑って「いってきます」できる日がくるといいなぁと思っていました。



朝のお別れの寂しさの分


幼稚園から帰ってきたあとは
ソファに座ってたっぷり抱っこして

家でのーんびり過ごして

幼稚園でのお話を聞いて一緒に歌ったり


できる限りトウくんの気持ちがふくらむような時間を意識してきたけれど


やっぱり  まだ朝はさみしい様子のトウくん。




どんなに朝泣いていても

私は笑って

「行ってらっしゃい。
今日の絵本、楽しみにしてるからね(*^^*)。」

と、見送ってきました。




大丈夫。


大丈夫。


きっと  大丈夫。



そう  自分にも言い聞かせて。





でも、まだまだトウくん、2歳8ヶ月。

ゆうちゃんは4歳での入園。
おーちゃんは3歳での入園。
そして、トウくんは2歳での入園です。


私もこの春から本格的に仕事をすることにしたけれど、在宅ではあるし  色々詰まっていた4〜5月もなんとか抜けきり

トウくんが朝さみしそうなのを見ていると

本当に2歳クラス入れてよかったのかな

なんて悩んだりもして。。。




それでも

トウくんの幼稚園での様子、幼稚園の先生からの話、幼稚園から帰ってきてからの様子を見ていて

「トウくん、幼稚園はいれてよかったな〜♡」

と  感じることも、本当にたくさんあって。。。




だから  何かないかな。

トウくんが笑ってバイバイできるキッカケ、何かないかな  って考えていました。



そこで、

今週の水曜日くらいから朝のバスの時間の10分前には家を出て

バスが来るまで  マンションの敷地内で私とおーちゃんとトウくんの3人で
ボール遊びしたり、自転車(トウくんは三輪車)乗ったり、影踏みしたり、追いかけっこしたりして過ごすことにしました。



朝からきゃははーと笑って遊んで。



その流れで

そのまま笑ってバスに乗れないかなぁ  と思ったのです。



水曜日、木曜日、バスに乗るときには相変わらず泣いてしまっていたけれど

明らかに変わったのは

朝、体操服に着替えるのを嫌がらなくなったこと。

(2歳クラスさんは体操服登園です)


そして

「さぁ、バス来るまであそぼ〜♪
今日は何しようかな〜♪」

と声をかけると、自分からリュックを背負い、自分から靴を履いて出かける準備ができるようになったこと。

リュックも泣きながら背負うのを嫌がり
靴もはきたがらなかった今までとは別人のよう(*^^*)



そして、今日。


自転車をおーちゃんと一緒に乗って遊んでいるところにバスが到着。



いつもの添乗の先生が
笑顔で「おはようございます(*^^*)」と手を広げてくれて

おーちゃんはいつものように
「おはようございまーす!」とバスに乗り込みました。


そして

いつもは泣きながら添乗の先生に抱きかかえられてバスに乗るトウくんは

「ママいい〜〜。。。」と小声で言いつつも

今日は自分からバスのステップをのぼり、1人でバスの中へ。



添乗の先生が

「おっ?!」とした顔で私に目配せしてくれて(*^^*)




トウくんが自分からバスに乗り、自分で席に座ったら


バスに乗っていた他のお友だちが

目をまん丸くして

「トウくん きょう  泣かへんやーん♡!!」
関西弁、私の聴き取り合ってるかな?汗


と、わぁっ(≧∇≦)と一斉に嬉しそうに喜んでくれて。。。



毎日泣いていたからみんなにも迷惑かけただろうなぁ〜>_<、という申し訳ない気持ちもあったけれど


それ以上に  トウくんの名前を覚えてくれ
泣かずに乗れたことを一緒に喜んでくれたみんなの気持ちが嬉しすぎて

優しい、素敵な子たちばかりで


もう、しあわせで泣けました。



「みんな、いつもありがとう。

トウくんのこと、よろしくね(*^^*)」

そうバスのお友だちに伝え


先生と運転手さんに深くお辞儀をして


バスの窓越しにこちらを見て手を振るトウくんとおーちゃんに

見えなくなるまでバイバイしました。




{73608582-0B52-48A0-B781-1359F7A8F052}

成長に触れると涙が出る。

優しさに触れると涙が出る。


何だか  本当にしあわせな朝でした。



子どもって  すごいなぁ〜〜!!涙。



そして、今日金曜日だー!!

週明け、月曜日は参観日の振替でお休みだから、

火曜日。どうなるかなー??笑








LICOの子育てセミナーを視聴する♡👇

LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEでは

・【LICOの子育てハッピーワーク21days】の募集

・LICO講演会/子育て講座のお知らせ

などをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

問題行動を繰り返した自身の幼少期の経験を基に、研究模索し構築された育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

私の願いは、
今日の子どもたちがたくさん愛されること。

LICOをフォローする
こんな我が家
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました