手術の朝

この夏、お腹にいた11週の赤ちゃんとお別れをしました。



自分が経験したこと、感じたことを備忘録も兼ねて。

ゆっくり、ゆっくりの更新になってしまい、記事が飛び飛びですみません。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




術後は安静にしなくてはならないということもあって、実家の母にお願いして京都まで来てもらうことに。


妊娠したこと
流産しかけていること
流産だと診断されたこと

その全てをその時々で母には相談し、連絡していたので、状況を把握した母はすぐに家や子どもたちのお世話を手伝いに駆けつけてくれました。





母の前での私は結構冷静で

母にも「思っていたより落ち着いているみたいで良かった」と言われ



「うん、なんかうまく言えないけど、確率的にどうしても起こることだし仕方ないのかなって。

これが1人目の子どもだったりしたら悲しくて悲しくてなかなか気持ちの切り替えができなかったかもしれないけど

私はゆうちゃんたちがいるお陰で、毎日慌ただしく何となく過ぎていけている。


なんとなく、ダメなのかもしれないって診断された時から少しずつ覚悟みたいなものはしてきたし、…仕方ないことだからね。」


そんなことを話した気がします。




明るく言う私に、母も明るく振舞ってくれていたけれど

でも、母はすごく心配していたと思います。




手術当日の朝

病院からの指導で朝から何も飲まず、何も食べずに準備をして玄関に立った私を


何も言わずに抱きしめて  私の肩から腕の辺りをずっとずっとさすっている母の目に涙が浮かんでいるのを見て


私も泣きそうになり

ぎこちなく「いってきます」と言うのが精一杯でした。









。。。。。。。。。。。。。。
LINE公式アカウント始めました!】

4人目タロさんももうすぐ1歳♡!

タロさん(4人目/三男)
タロさん(4人目/三男)

口癖は「ハシュッ♡」

だいぶ生活ペースも落ち着いてきたのでこれからは画面越しだけでなくみなさんに直接お話する場をたくさん作る予定で今も絶賛準備中です(*^^*)
これまで準備をしてきたものを少しずつリリースしていきます♪

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨
ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
子育てアドバイザー。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもない
なんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
流産のこと
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました