目が醒めて私が人生で初めて感謝を伝えたこと


この夏、お腹にいた11週の赤ちゃんとお別れをしました。



自分が経験したこと、感じたことを備忘録も兼ねて。
「流産のこと」のカテゴリーでこれまでの記事を読むことができます。

ゆっくりの更新になってしまい、記事が飛び飛びですみません。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


麻酔から醒めて←の続き。






またいつの間にか眠っていた私は

一度目に目が醒めた時のような朦朧とした感覚もなくなっていたので

二度目に目が覚めた時には、それが「寝て起きたもの」だということがはっきり分かりました。



身体も一度目に目が覚めた時よりだいぶ動くし

ひねって身体の反対側も見ることもできました。



時計があった   11時


手術が9時からだったから  2時間経ったんだ


一度目に目が覚めたのは何分前だったんだろう…




お腹は生理痛のような鈍い感じがまだ続いていたのですが




この時  私は初めて、自分の子宮に

「ありがとう」と心の中で御礼を伝えました



これまで  何度も伸びたり  縮んだり  
大変だったよね

3人の子どもたちを10か月の間守ってくれてありがとう

あの子を迎えてくれてありがとう

毎月毎月
私の身体を整えてくれてありがとう




何も言わずに

当たり前のように生きて、巡って、排出して、動いてくれている自分の臓器に


私は人生で初めて

いつもありがとう  と、感謝の念を抱き、伝えることができました





LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEでは

・【LICOの子育てハッピーワーク21days】の募集

・LICO講演会/子育て講座のお知らせ

などをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

問題行動を繰り返した自身の幼少期の経験を基に、研究模索し構築された育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

私の願いは、
今日の子どもたちがたくさん愛されること。

LICOをフォローする
流産のこと
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました