愛されている実感は、土。

愛されている実感とは



子ども(赤ちゃん)は、

1人ではご飯も獲得できません。

1人では体温調節もできません。

1人では何もできない生き物です。



だから、必ず、誰かお世話をしてもらう必要があります。



誰かに愛してもらう必要があります。



それは、誰かに愛してもらい、誰かにお世話をしてもらわないと、生きていくことができないからです。





子どもにとって、愛されることは、生きることに直結しています。



愛されることは、生きること。



愛されたいと願うことは、生きたいと願うことです。





人は社会性の生き物なので

誰かに愛され、認めてもらえた時に、自分はここにいていいのだと実感できます。





誰かに「いいよ」と言ってもらえた自分を、自分で認められるようになります。



誰かに好きだと言ってもらえる自分のことを、自分でも好きになっていきます。



誰かに信じてもらえる自分のことを、自分でも信じられるようになります。



誰かに大切にしてもらえている自分のことを、自分でも大切に思えるようになります。





自己肯定感もとても大切。



でも、本当に もっともっと大切なのは、自己肯定感を支えている、大きな土台。





特に、自分1人では自分の価値を見出しにくい小さな子どもたちには。



自己肯定感が深く、安心して根を張れるような、土台。大地が必要不可欠なのです。





大地が豊かなら

支えられているその木は太く大きく育ち  



そして きっとその枝には たくさんの実がなるから。






愛されている実感を育むことは、難しいことではありません。



あなたに会えて嬉しいこと。

あなたのことを知れて嬉しいこと。

あなたの話を聴けて嬉しいこと。

あなたは、あなたのものであること。



そんな事実を、真っ直ぐ、ただただ、真っ直ぐ、伝えていくことです。





小手先の技術なんてありません。



劇薬もランプの魔人もいりません。





子どもに必要なものは、いつだって、子どもがちゃんと教えてくれています。

LICOの子育てセミナーを視聴する♡👇

LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEでは

・【LICOの子育てハッピーワーク21days】の募集

・LICO講演会/子育て講座のお知らせ

などをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

問題行動を繰り返した自身の幼少期の経験を基に、研究模索し構築された育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

私の願いは、
今日の子どもたちがたくさん愛されること。

LICOをフォローする
愛されている実感とはママちゃん育児法
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました