愛されていると感じるとき③

愛されている実感とは

書きたいことが次々てんこ盛りで間が空いてしまったーー!!´д` ;




【愛されている実感】はどんな時に得られるのか。


特に【実感】として相手にストレートに届きやすいもの7つをご紹介しています☺︎







そして、3つ目は

{C4025B14-2DF4-471D-86EE-105163DEEC40}

どんなときもそばにいてくれること(*^^*)



これは24時間365日ずっと一緒に、という意味ではなくて

子どもが見ていてほしいとき
助けてほしいとき
話を聞いてほしいときに

そばにいてあげる ということです。



子どもが悪さをしてしまっても
子どもがどんなに道をはずれてしまったとしても

そばにいてあげる  ということです。



親だけでなく  おばあちゃんや先生。。。

誰でも  子どもにとってそんな存在になることができます。




いい時だけではなく
悪い時があったとしても

その人のそばを離れないということは

その人を愛しているからです。


そして、その想いは  相手のこころを満たします。




『そばにいる』

って、すごいことです。


同じ家の中で
同じ空気を感じ
同じご飯を食べる。

それだけで  そばにいることです。



そして、その  
どんなときも自分から離れずにそばにいれくれる  ことがもたらす温もりは

子どもが成長したあとも

大きな大きな拠り所となって子どもを支えてくれるはずです。


{D9DA2D77-5A46-47F8-8581-DC68AF00BD76}

でも  いつもそばにいても
その時間が  子どもが愛を感じにくい瞬間の連続だったら

子どもは寂しくてたまらないと思います。


そう考えると

時間の多さよりも  時間の密度が大切なように感じるのですが

子どもによっては
「ただただ一緒にいる時間がほしい」
と、親と接する時間を渇望している子がいるのも事実です。


なので、やはり大切なのは

子どもが何かしらのサインを出したとき
その子がその時に何を必要としているか

なのですよね。



でも、時間にしろ密度にしよ、どちらにしてもそこにきちんと愛情に基づくコミュニケーションがあれば


つまりは「愛され実感」が子どもにあれば


子どもは優しく強く育っていけると


私は信じています。



{F5A13290-65DD-4ECF-AED8-885898505537}


ついに明日発売ですー♡!!


「愛され実感」についても解説してます(*^^*)

よろしくお願いします♡





LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもないなんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
愛されている実感とは ママちゃん育児法
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました