ママちゃん流!赤ちゃん返り対処法

ママちゃん育児法

さーて
前置きが長くなりましたが!!笑


ママちゃん流!赤ちゃん返り対処法

{CBF9326D-3459-46A0-9140-BDF3018826E5:01}


具体的には

おーちゃんのオムツも、おっぱいも、抱っこしてほしくて泣いてる時も
とりあえずおーちゃんのお世話をする時には

必ずゆうちゃんに
「ゆうちゃん、おーちゃんがオムツ汚れて気持ち悪いよーって泣いてるから
ママちゃん、おーちゃんのオムツ替えてあげてもいい?」
お世話をしていいか了承を得るようにしてました☺︎


そして

ゆうちゃんが「いいよ」と言ってからおーちゃんのお世話をする
ということを繰り返しました。

ゆうちゃんが「いいよ」と言ってくれた時は
おーちゃんのお世話しながら

「お姉ちゃん優しいねー(*^^*)
優しいお姉ちゃんがいて、おーちゃん幸せだねー♡
お姉ちゃんがいいよって言ってくれたから、おーちゃんお尻気持ち良くなったってー♡」
おーちゃんの気持ちをママちゃんが代弁して(ることにして。笑)
ゆうちゃんをおだてるようにし


オムツ交換の時など
ゆうちゃんが手伝えることがある時はなるべく
「ゆうちゃん、おーちゃんのオムツ取ってきてくれるー?」
と、お世話に参加させるようにしてました(*^^*)

そしてお手伝いしてくれた時は目一杯誉めました(*^^*)


そうすることで
「赤ちゃんにママを取られてしまう」
という不安を
「ママと2人で赤ちゃんのお世話をする」という構図にすり替えることで
上の子が抱えてしまいがちな疎外感やママを取られた!という意識を和らげるようにしました☺︎



そのうちに

おだてられて誉められて
赤ちゃんのお世話をすることが面白くなったのか

おーちゃんが泣いたりすると
率先して飛んで様子を見に行ったり

「ママ!おーちゃんないてるよ!抱っこしてあげなよ!」
と言ってくれるようになりました(*^^*)


そして   もしも

ゆうちゃんがママちゃんから離れたがらなくて
お世話してもいい?と聞いても
「ダメ!!」と言った時は

「そっか。今ゆうちゃんがママと遊んでるんだから嫌だよね。
分かった。
ママ、ゆうちゃんのそばにいるよ。」

一旦、ゆうちゃんの気持ちを汲んであげます。

本当は今すぐおーちゃん抱っこしてあげたいけど。。。
その気持ちはぐっと我慢。(これがちょっと、つらいけど…>_<…)

とにかくゆうちゃんに
「ママが優先すべきはあなたよ」
「あなたが一番よ」アピールです。

それでちょっとしてから
「ゆうちゃん、おーちゃんまだ泣いてるねぇ。
お腹すいてるのかなぁ。
おーちゃんお腹すいて泣いててかわいそうだから、ママおっぱいあげたいなぁ。
終わったらまたすぐゆうちゃんのところに戻ってくるから、
ちょっと待っててくれる?」
と再度、何度もお伺いをたててました。

「いいよ」と言ってくれるまでしつこく。笑

とにもかくにも
「ゆうちゃんのOKサイン」が出てからお世話する、ということを
本当に徹底してました。



もしくは

「おーちゃんなんで泣いてるんだろうね。
おっぱいかなぁ。
ゆうちゃんの大事な赤ちゃん(メルちゃん人形)もお腹すいたって!
ママと一緒にゆうちゃんもおっぱいあげようよ!」

ゆうちゃんの好きなおもちゃにもおっぱいあげよう!
と気をそらして一緒におっぱいあげたり(この時おもちゃにもガーゼを当ててあげたり、ゲップさせる真似をさせたりとリアリティを持たせると、より面白がってました(*^^*))
おままごと気分で一緒におっぱいあげるのを楽しむようになったりしました(*^^*)


そして

おーちゃんはまだ新生児でまだなーんにも分かってませんから 

とりあえずお腹が満たされてオムツがキレイな状態であれば
多少泣いてても
すぐおーちゃんのところには行かずにゆうちゃん優先で相手をするようにしていました。


おーちゃんのお世話をしてない時間は
なるべくゆうちゃんと遊んだり
膝の上に乗せて一緒にテレビ見たり
ママちゃんからべったりくっつくように意識して(*^^*)

「ありゃりゃ。
おーちゃん泣いてるねー。
でもママちゃん、ゆうちゃんと一緒にいたいからゆうちゃんにくっついてよーっと♡」
とか、わざと言ってみたりして。笑


そのおかげか
ゆうちゃんはおーちゃんに対してヤキモチ焼くことも
赤ちゃん返りすることもほとんどなく終わったように思います。

むしろ
「ママ、おーちゃん泣いてるから抱っこしてあげなよ」とこっちが諭されるように。笑

おそらく
私が全てにおいてとにかくゆうちゃんの気持ち優先で行動するようにしてたので

ゆうちゃんの中で
「こんなに私のこと好きだって言ってるママをおーちゃんに取られることはないだろう!
私の方が赤ちゃんより大事にしてもらえてる!」
という実感が
ゆうちゃんを精神的に優位に立たせ
気持ちを満たしてあげることが出来たのかなぁと思っています。

何より
お世話を一緒にやってもらい
ママちゃんも
「お姉ちゃん好き好きー♡」とおーちゃんを腹話術の人形のように使って言っていたので  笑

ゆうちゃんはおーちゃんのことを
本当に可愛がるようになってくれました(*^^*)

そうなると

ママちゃんも後々
2人のお世話がとても楽になりましたよ(*^^*)!



「赤ちゃんがいても、ママは私を一番に考えてくれてる」
「赤ちゃんいても、ママは私のこと好きなんだ」
という自信を持たせることが出来れば
赤ちゃん返りは自然に収まっていくと思います(*^^*)



「新生児も上の子も
両方同じように完璧に相手しなくちゃ!」

と思うと
どうしても意識や意思がはっきりしてる上の子が不満を募らせがちだし
ママもお世話にてんてこ舞いだと思うので

もうここは開き直って!!

「今は上の子のこころのケアが最優先!
おっぱいとオムツが済んでれば下の子は多少泣いててもほっとこう!!」

くらいに構えていると

今何を優先すべきなのかがママの中ではっきりして
行動しやすくなると思います(*^^*)


そして上の子の気持ちが落ち着いて
ママに愛されてる自信から
下の子にも優しく接してくれるようになると

下の子も自分を可愛がってくれる上の子に自然と懐くようになって

その後の2人育児
ぐんと楽に、
そして可愛くて可愛くて仕方なくなると思います(*^^*)


上の子の自尊心を傷つけないこと
上の子の自己肯定感を守ってあげること

親は
自分たちの勝手な都合で上の子にさみしい思いをさせてしまうことを
忘れてはいけないと

ママちゃんは常々思っています(*^^*)



どんな時でも
こころに「思いやり」を持って。。。(*^^*)


上の子も   下の子も  ママも

穏やかに笑顔で過ごせる毎日でありますように。。。♡





いつも読んでいただきありがとうございます♡
ママちゃんもランキングに参加しています☺︎
更新の励みになるのでポチっと応援よろしくお願いします♡
読者登録も大歓迎です(*^^*)♡




LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもないなんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
ママちゃん育児法 お悩み別Q&A 赤ちゃん返り
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました