子育ては本能じゃない。

ママちゃんのひとりごと

少し前、実家に帰省していた時のこと。



朝ごはんを食べながら朝刊をパラ、パラ、と眺めていた祖母(父方)が、


「子どもを殺すなんて。。。

かわいそうに。

こういう親は頭がおかしいんだろうね。」


と言った。



子どもたちに朝ごはんを食べさせて、さぁ私もやっと朝ごはんを、と思い同じテーブルについていた私は、


「。。。そう?」


とだけ答えた。


私の返答がなんであれ、言いたいことがあったのだろう、祖母はそのままの勢いで


「そうだよ。

だって、ねずみだってライオンだってみんな子どもを産んだら当たり前のように育てるでしょう?

産んだら育てるなんて、動物だってできる本能なのに。

育てられないで殺しちゃうなんて、どうかしてるよ。」


と言った。頭おかしいとか、普通に言う祖母なんです。



私は


「うん、そうだね〜。」

…と適当に話を合わせてやり過ごすことだってできたのだけれど


子育てで苦しみ抜いた先に罪を犯してしまった人を「頭がおかしい」と言う祖母に

そして、長年祖母と父の不協和音を間近で感じてきた私はそのまま愛想笑いしてられなくて。




「うーん

でも  その親も苦しかったと思うよ。

だって親から大事にされた経験がなかったり、子育てをサポートしてくれる人がいなかったりしたら、苦しいよ。

子どもは親にしてもらったことしか分からないからね。」


と、言葉を選びながら言うと



「じゃあ、全部子どもを育てた親のせいなの?」


と、全く納得していない様子で  ふんっと不機嫌そうに私の方を見た。




「親のせいとかじゃなくてね。

その親も、その親の親も、もしかしたらその先のご先祖さまだって、親から愛情をもらえなくて苦しかった人たちかもしれないんだよ。

でもそれはそのご先祖さまが悪いわけじゃなくて
時代背景とか、社会情勢とか、その時の常識とかが複雑に影響してるから簡単には言えないけど

どこかで誰かが大切にしてもらえた経験を持たないまま辛い思いを抱えて
抱えたまま親になって
子どもにちゃんと向き合えなかったりしたんじゃないかな。

それが何十年も、もしかしたら何百年も続いて

その濃縮されたものがこの新聞に載ってるお母さんと子どもで表面化しただけで。」


と、私はつとめて冷静に(いや、自分と父と家族のこれまでを思い出してちょっと熱がこもってしまったけれど)そう話すと



「ふーん?」と

祖母は  やっぱり腑に落ちない様子で口を一文字に閉じて

視線をまた新聞の中に戻した。






ー動物は本能で子どもを育てられるのに

どうして人間はできないのか。ー




それは

人は本能だけで生きてはいないから  なんじゃないかな。


理性や道徳やその時代の常識。

そんなものを抱えて  自分と周りの人たちとバランスを取りながら私たちは生きている。


一方で

自分を認めてほしいという気持ち
どこかに属していたいという気持ち

これは私たちに本能として備わっていて
それ故に  無意識に「自分を認めてもらおう」「自分を愛してもらおう」として無理をしてしまったりする。


母性本能というものも存在しうる人間の全部が子育てを本能ではしていない、とは思わないけれど
赤ちゃんが泣いたらおっぱいあげなきゃって思ったりするしね。でもこれも学んだからできることなのかなぁ?

少なくとも、この現代の日本において、いや、もっともっと昔から

子育ては本能じゃない。




子育てのノウハウは、後天的に学び、獲得していく技術だ。


しかもそれさえ、時代によって変化する。


全員が本能でできるなら、誰も子育てで悩んだりしないし、苦しくなったりなんかしない。



動物は本能で子どもを育てる。

でも、様々な葛藤や我慢を抱えた人間は  きっと「本能」だけでは子育てって出来ない。



特に核家族が増えて

どこで、誰に子育てを教わればいいのか分からない人はたくさんいると思うし

そもそも人は、自分が経験したこと、自分が知っていることの中でしか選択肢を持てない。



誰も悪くないのに

その少ない選択肢の中に答えが見つからなくて苦しんで

子どもを嫌いになってしまう そんな自分を嫌いになってしまって

苦しくて苦しくて動けない人がたくさんいる。



だから、ひとつでも、ふたつでも、その人の人生の中で優しい誰かと出会い、優しい言葉と出会い、優しい経験に触れて何か見つけてもらえたら。  その人の選択肢が増えたら。
いいなぁ  と思う。


子育てを間近に見る経験がなかった人にも

自分がされてきたことを子どもにはしたくないと思いつつも、どうすればいいのかの選択肢を持つキッカケがなかった人にも。



子育てがうまくいかない人

子どもとの向き合い方が分からない人は


その人がダメなんかじゃなくて

知るキッカケをたまたま持てなかっただけだから。



母親になったら何でも勝手にできるようになる
と思われがちだけれど

子どもを産んだあと
何でも勝手にできるようにはならない。


指導してもらったり
教えてもらったり
それでも足りない部分は子どもの様子を見ながら、失敗しながら、誰かと気持ちを共有しながら、試行錯誤を繰り返して身につけていく技術だ。

オムツの替え方や
母乳のあげ方だけではなく
子どもとの向き合い方だって、そうだ。


だから母親学級があったり
産後の保健師さんの指導があったりする。


私たちは、子育てにおいて

できないことだらけで自己嫌悪に陥って苦しんでしまいがちだけど

子育ては本能だけでできるものじゃないから

大いに周りに頼って、周りを巻き込んで、周りと繋がればいい。



そして

私たち母親は、子どもを産んだその日に急にスイッチがONになって、勝手に母親らしいことが出来るように作られているわけじゃないことを

お母さんと、お母さんを取り巻く多くの人に知ってほしい。


時間をかけ
思いをかけ
体力・気力を振り絞り

時に自分の弱さや情けなさと対峙しながら

お母さんの今があるということ。



母親だって  
不安で  悩んで  迷うよ。

特に初めての子育てではね。


だから、「おれは分からないから」って諦めないで  一緒に悩んでくれたら嬉しい。

「あなた、母親でしょう?」ってあなたの母親像を押し付けずに  話を聞いてくれたら嬉しい。


パパが、ある日いきなり父親らしいことができるようになったわけではないように

私たち母親だって、初めて子どもを抱っこする時はドキドキしたし、初めてオムツを替える時はこれで合ってるのか分からなくて緊張したんだよ。


だから、スタートはみんな同じ。

子どもを産んだからできる、母親だからできる、わけじゃないんだよ。


せっかく出逢って

愛し合って  共に生きていくんだもの。

分かち合い、学び合い、感じ合い、伝え合い、
みんなで一緒に『家族』になっていけたらいいよね。





パパの名誉のために書くと、我が家は分かち合い、学び合い、感じ合い、伝え合い、かなりしてる方だと思います。
でも、昔はそうじゃない時もありました。
今、子育てについて悩んでいる多くの方と同じような寂しさを抱えていた時もありました。
その時に感じたことをこうして書き出すことで誰かの気持ちがほんの少しでも緩んでくれたら嬉しいなと思います☺︎



。。。♡イベントのお知らせ♡。。。


!募集中!
5月30日(金)〜6月2日(日)  
無料&少人数制✨
子育てセミナー  東京   



!募集中!
◉6月30日(日)
ポジティブアイデンティティセミナー
 with河合聡子さん   東京
LaQのお土産付き♡ 詳細&申込み




。。。。。。。。。。。。。。。。。 

ご訪問ありがとうございます。
 
「子育てって楽しい」
「ママって楽しい」
そう思える人がもっと増えますように。。。
 
また、子どもの気持ちに寄り添うことで
ママも楽になれる方法がたくさんあります。
 
そんなヒントを「ママちゃんブログ」の中から見つけてもらえたら嬉しいです。
 
 
シェア70万を超えた代表記事


ママちゃんの信念は


ママも子どもも優しくなれる
「ママちゃん育児法」については
 

「子ども」とは?「愛」とは?「今日」とは?
私が普段考えていることのあれこれは
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【書籍】

重版御礼!


重版御礼!

ママちゃんの想いと言葉を詰め込んだ
メッセージブックが発売されました(*^^*)
絶賛発売中♡


子どもに伝わる伝え方って何だろう?
子どもに伝えたいことって  何だろう?

それが分かれば子育てってもっと楽しくなる!♡

 

instagram





ブログのシェアはご自由にどうぞ♡
その際リンク元を明記するようお願い致します。

只今メッセージの返信が出来ません>_<

またいただいたメッセージはブログ内で紹介させていただく場合がございますのでその旨ご了承下さい。

子どものこころと向き合う子育ての輪がたくさん広がりますように。。。♡





LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもないなんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
ママちゃんのひとりごと
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました