地震をこわがる娘

子育てで大切にしていること

 
 
 
大阪北部にお住まいとのこと。
 
まさに地震で大きく揺れた地域なのであの時はご家族みなさんが怖くて不安で大変な思いをされたのではないかと、想像するだけで胸が痛みます。
 
あれから生活は落ち着きましたか?
 
例え生活に大きな混乱はなかったとしても、その恐怖が子どもたちに与える影響というものは、きっと大人が思うよりも大きいのではないかと思います。

 


 
 
不安や恐怖を抱えている人(子ども)と向き合う時にやはり大切なのは
 
相手の気持ちにそのまま共感してあげることです。
 
 
 
こわいと感じるか
しんどいと感じるかは、その本人にしか分からない・測れないことだからです。
 
 
 
その子が「こわい」と感じたなら  こわいのです。
 
その子が「つらい」と感じたなら  辛いのです。
 
 
 
ついつい、安心させたくて「気にしすぎよ〜!」と励ましたり、元気づけるような声かけをしてあげたくなりますが
 
 
まず何より大切なことは  共感してあげることです。
 
 
否定をせず、そのままを受け止めてあげることです。
 
 
 
 
オススメ記事
 
 
 
 
 
その子が「こわい」と訴えているのなら
 
 
「そうだね。こわいよね。こわかったもんね。」
 
「びっくりしたよね。」
 
 
 
その子の気持ちに、うんうんと一緒に頷いてあげて下さい☺︎
 
 
 
 
もし、お子さんが自分の気持ちを上手く言葉に出来なかったとしても
 
いつもと比べて不安がる様子を見せたり、ママから離れるのを怖がったり…必ず何かでサインを出しているはずです。
 
 
 
もしかしたら不安なのかな…?そう感じてあげることが出来るのは普段その子を見てきたお母さん(養育者)だからこそです。
 
 
 
子どもの抱える言葉にならない気持ちを代弁してあげることは
 
子どもの気持ちを肯定し、共感することでもあるし   
 
自分の気持ちを否定せずに受け止めてもらえるだけでも人は安心感を得ることができます。
 
 
そして、自分の味方をしてくれるこの人がそばにいてくれるなら大丈夫  という信頼感にも繋がります。
 
 
 
オススメ記事
 
 
 
なので、まずはどんな時も、とことん気持ちに寄り添い共感してあげて下さい。
そして、その上で
『大丈夫だよ』
 
『ママとパパがいるから心配いらないよ』
 
『あなたはママとパパが必ず守るからね』
 
 
そんな言葉や態度で安心させてあげて下さい。
 
 
 
そうすることで、子どもの安心感はさらに強く、揺るぎないものとして、心の土台となっていくはずです。
 
 
こうして子どもの凹んだ心の道路が少しずつ平らになった(安定した)ら。。。
そのなだらかに安定した道の上に初めて
(例えば)「頑張ろう!!」など
より前向きな、励ましの言葉が真っ直ぐに積み重なることができるのです。
信頼できる人と、安心できる環境があれば
 
時間の経過とと共に少しずつ、少しずつ、「大丈夫」と思えるようになっていくはずです。
 
 
 
 
そして、子どもだけでなく
大人もたくさんのストレスを抱えて今の現状を受け止めていることと思います。
 
 
でも、子どもほど素直に大人は『辛い』とは言えませんよね…
 
 

いつも通りの生活を取り戻すには時間がかかるかもしれませんが
 
 
大人も
 
ちゃんと不安や悲しい気持ちを吐き出して
 
ちゃんと甘えて
 
ちゃんと頼って
 
『辛かった』という自分の気持ちに蓋をしないであげて下さい。
 
 
 
周りもしんどいのだから自分だけがこんなことを言ってはダメだ…
と、誰かに『辛い』と言葉にして伝えることが出来なかったとしても
 
 
 
自分だけは、自分の気持ちを否定せずに
 
 
 
『あぁ…私はこわかったんだ』
 
 
 
と、自分の気持ちを蔑ろにせず、大切にしてあげて下さい。
 
生まれた感情を、無いものにしないであげて下さい。
 
 
 
子どもも、大人も、
 
感じてはダメな感情なんて
なに1つないんですから。
 
そして
自分の気持ちを大切にし安定している大人を感じて
子どもも少しずつ気持ちが安定してくるはずです(*^^*)
 

 


 
 


LICO
LICO

LICOへ直接、相談を希望される方は

LICOの子育て相談室をご利用ください。

 

LINE公式アカウント始めました!】

LINEではLICO講演会や子育て講座のお知らせなどをいち早くお知らせします✨

ご予約もLINEにご登録の方から優先的にさせていただきますので是非お気軽にご登録ください♡

。。。。。。。。。。。。。。

いつも読んでくださりありがとうございます。

【子どもを愛しているのになぜか上手くいかない】
【子どもの気持ちが分からない】

そんな悩みを抱えるたくさんの方々から

「子どもの反応が変わった」

「子どもとのやり取りが楽しくなった」と嬉しい感想が届いています。

LICOメソッド実践者の声はこちらから読めます
私も驚くほどの変化の声を、是非読んでみてください(*^^*)

今日のみなさんと子どもさんとの時間が愛おしいものとなりますように。。。♡

LICO

作家。ブロガー。
保護者のみならず保育士・幼稚園教諭・学校教師・児童養護施設職員など、保育・養育のプロが相談に訪れる「心の土台を育む子育てアドバイザー」。

自身の子どもの頃の経験を基に構築されたママちゃん育児法を軸として「子どもたちに【愛されている実感】を」を信念とし、子どもたちと穏やかに向き合うためのヒントや、我が家の日々の出来事などをブログで紹介しています。

怒り方も大切。
叱り方も大切。
でも  やっぱり一番大切なことは
その「怒る」でも「叱る」でもないなんてことない日常が
ママの笑顔と愛に溢れていること 。 

自分の真ん中に『愛』だけしっかり持って
あとは  ゆるく生きましょう♡

LICOをフォローする
子育てで大切にしていることママちゃん育児法子どもの困った行動に関するお悩みお悩み別Q&A
LICOをフォローする
LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」
タイトルとURLをコピーしました